今、ヴィーガンになりました。

ヴィーガン始めました。

2019年2月23日
ヴィーガンになった日


その日私は、家族との食事を思うと…
ヴィーガンになることを先延ばしにすべきか、迷っていました。

※ヴィーガンとは・・・動物脱搾の産物を可能な限り一掃しようとする考え方のことです。

夕食にビーフカレーを作り、自分の皿にはなるべく牛肉が入らないように注意し、よそりました。
少し入ってしまったお肉は、無駄にしてはいけないとという思いで、食しました。

そんな罪悪感だらけの食事を済ませてすぐ、強烈な腹痛に襲われた為、横になって耐えていました。

その時、ふと感じました。。。

あっ。

「今、ヴィーガンになるべきだよ。」ってことか。。。


その場でヴィーガンなること決意しました。(なんでヴィーガン?の理由はまた後日書きます。)


で、この話は不思議なんで、読み流していただいていいのですが。。。
決意した瞬間に、激痛が引いたんです。。。本当に。。。
決意が合ってたんだと、勇気をもらいました。

その日から、一切動物由来のものを口にしていません。洋服や化粧品などを含む、生活用品、すべてにおいて購入してません。ってキッパリ!!…

っと。断言したいのすが…

ヴィーガンという生き方が浸透していないこの日本で、
何らかの搾取に関わった商品を、
完全に避けることは非常に困難です。

しかも、
知識のなさや、商品の表示の確認ミスで、
始めの1〜2週間は、
動物由来成分がはいったのもを誤って食してしまったり…

さらに言うと、、、
薬は、動物実験を経てできているから、ヴィーガンじゃないのかもしれない。

生活に支障をきたす体調不良の時は、薬を飲んでいます。
頭痛とか鼻炎とか、酷い時には。。。

動物由来成分を見分けるという壁

まず始めにぶちあたった、
ヴィーガン最初の壁。

動物由来成分が見分けられない。。。泣

そもそも動物由来成分とは何??
って調べて引用しようとしたけど、
分かりやすい定義がヒットしない。


そんなこと、学校で教えてくれなかった。
大事なのに。。。
そして、調べようとしても、地道に成分を検索していくしかない。。。

ってことで、ここでは動物由来成分の定義は、難しくてできません。すいません。

大事なのは、定義ではなく前進。


動物由来成分なしの商品は、日々、地道に調べているので、記事にまとめていきます。


要するに、
下記のような考えを元に生きることが、
ヴィーガンという生き方です。

  • 動物と人間を、平等な立場と考える。
  • 動物は、食べ物ではない。
  • 動物に苦痛を与える行為(※)からできた商品を買わない。
    ※動物実験、皮を剥ぐ行為、虫からシルクや蜂蜜を奪う行為など。

今、避けられるものは、避けることが前進

今、搾取に関係した商品を、避けられないということに、焦点を当てず、

避けられるものを避けていくことが前進だと感じます。


この日本でのヴィーガンな暮らしが、楽にできるように、前進します。

最終目的は
「平和」です

すべての生き物が、平等で調和のとれた地球。
それが、「平和な地球」です。

未来を見据え、今、何ができるのか。

今、私にできることは、脱搾取のヴィーガンという生き方です。
わずかな光がみえる限り、前向きに生きていきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

平和な未来へ、GO!
リモ・ヒーリン