地球の闇=優越感

優越感=闇
人間の心から
「優越感」が消えれば、
闇も消えます。

人間に「優越感」という感情は要らない

地球の生き物に優越はないです。

優越を自分の中につくるから・・・

動物を商品や見せ物にしてることに、
なんの違和感もなく見ていられる。

そして今、何より強烈な違和感は、

動物を生産工程を設けて、レールに乗せて、食すこと。

動物は食べ物じゃない

飲み食いの為に生まれさせられ、終始、苦痛に満ちた生涯。最後まで残酷な状態で殺される現実を、見て見ぬふりができるのも、

全て「優越感」の仕業

動物より、自分の方が優れているという感情です。

動物と人間の関係だけじゃない?!
人間社会にも沢山ある優越

優越を自分の中につくるから・・・
会社の組織に違和感を感じることがない。

分かりやすいのは「組織図」。
優越を表で示す為の「組織図」。
変ですよね。優越はないですよ。と、私は思います。

会社で仕事する上で感じる、
「劣等感」も、
「優越感」という感情が心にあるからです。

優越がない地球には、食料難はない。

この地球に、
優越が存在すると思っているから、
食糧難という問題が起きる。

食料難は、
動物の肉・乳・卵の生産を
続けてているから??

動物を利用した生産のすべてをやめれば、
苦痛の生涯を送る動物が消え、
その動物が食べるはずだった、大量の穀物が。。。

飢えで苦しむ人々に渡ります。

優越感が地球から消えたとき何が起こるか?

分かりやすく、そして、大きく変わること。

それは・・・

お金は要らなくなる

格差を生むお金が消えます。
お金のない穏やかな地球に、私は生きたいです。
人間に「優越」という感情は要らないです。

「優越」が消えれば、地球は変われます。

私は、平等で調和のとれた、「平和」な地球の未来を望みます。

自分の中の優越感が消えていけば、世界が違って見えます。
違和感に気づきます。

この先は、平和な地球に生きませんか


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


平和な未来へ、GO!
リモ・ヒーリン